特定健診を代行で受けるサービスのメリット

健康診断、毎年受けていますか?わかってはいても、忙しくてなかなか受けられないという社会人も多いと思います。けれども毎年健診を受けることは、自分の体の状態を知るうえでとても大切であり、病気を早く発見するきっかけにもなります。従業員に健診を受けさせるのは、企業にとっては必要なことではありますが、たくさんの従業員を抱える会社では、健診の手配や結果の管理をするだけでも大変な負担になります。そんな会社の事務負担を軽減できる、健診の代行サービスがあるのをご存じですか?健診の代行サービスと言われて、ピンとくる人は少ないかも知れません。でも、ひょっとしたら毎年健診を受けているあなたも、すでにそのサービスを受けているかも知れませんよ。また、メタボリックシンドロームの予防を目的とした、特定健診についても紹介します。

特定健診とは?代行サービスとは?

特定健診とは、特定健康診査の略で、40~74歳の医療保険の加入者が対象になります。対象者には、医療保険者から受診案内が届きますが、会社員で、会社から健診を受ける場合は、健診項目に特定健診の項目が含まれているので、別で特定健診を受ける必要はありません。特定健診が開始された背景には、近年増加傾向にあるメタボ現象を解消、改善させることが目的です。特定健診を行った結果から、生活習慣病のリスクが高く、改善の余地がある対象者には、特定保健指導を行います。保健指導を受けることは義務ではありませんが、積極的に受けることで、生活習慣を見直すきっかけになりますので、できるだけ指導を受けるようにしましょう。では、健診の代行サービスとは、一体どんなものでしょうか。次にご説明します。

健診の代行サービスでいつまでも健康に!

健診の代行サービスを受けるメリットは、個人では感じにくいかも知れません。どちらかというと、健診を管理している事業所の負担を軽減するものだからです。事業所に変わって、従業員の健診の受付や手配、健診結果のデータベース化などを一手に引き受けてくれますので、毎年健診を受けるきっかけにもなります。全国に提携している医療機関が多い代行業者ならば、受診率が向上することにもつながります。実際に健診を外注すると決めたら、どうやって探すでしょうか。今は、インターネットで検索をすると簡単に代行業者を探し出すことができます。代行業者は何社かあるので、比較検討して見積もりをとってみると良いかも知れません。自社の従業員の健康を管理することは、すなわち会社にとっても大きな利益になります。これから健診は外注することが当たり前の時代がくるかもしれません。

多様化する企業における健康管理の課題を解決いたします。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 導入までの手間要らず、クラウド型健康管理システムです。 全国に店舗や営業拠点を持つ外食・小売・流通・金融・サービス業のお客様にご導入いただいています。 健診対象者数や健診メニュー・オプション項目等の情報に基づきネットワーク健診料金をお見積り致します。 健診の代行ならウェルネス・コミュニケーションズへ