あなたに合った特定健診の代行サービスについて

仕事や家事、育児が忙しくてなかなか健診に行けない世の中です。とても便利な特定健診の代行サービスがあります。健診代行サービスでは問診票をまとめてくれるため、毎年の診断結果と比較がしやすく、治療していかないといけない箇所を分かりやすく教えてくれます。異常があるか、要観察かなどの判定をすぐに見ただけで分かるようにしてあります。個人それぞれの結果をみて相談窓口も用意してあり、健康管理台帳のように一人ひとりのデータを提供していきます。二次検査の案内を送ります。このように健診の流れを的確に行ってくれる便利なサービスなので、忙しい人でも安心して健診をうけることができます。自分に合った代行サービスを探すにはネットで検索したり、周りの人に聞いたり、自治体に問い合わせてみましょう。

代行サービスがある特定健診とは

代行サービスまである特定健診とは、メタボリックシンドロームではないか判断する健診のことです。糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病の疑いがある方の生活習慣を見直して頂くために指導を行う目的で行われる健診が特定健診といわれています。特定健診の対象になる年齢は40歳から74歳の方になります。協会けんぽに加入している方や家族の方が加入している方が受診することができます。自治体によって一部健診の費用を補助してもらえることがあるので受けるときには住んでいる自治体に電話して尋ねてみるといいです。健診の内容には、視診、触診、聴診などや現在の飲酒、喫煙の状態などもきかれます。身体測定や血圧、尿検査なども行い、体の様子を見ていきます。自分の体の健康を守るためにも健診を受けましょう。

特定健診代行サービスの流れとは

健診の代行サービスを使いたいけど流れがわからない人もいます。健診の代行サービスの流れは、始めにお申込みを行い、健診の案内を受け取り、希望の日にちや、健診の場所の通知がきます。予約の確定がされたら、決まっている日時に健診を受診します。その後結果が送られてきたら、今回のサービスでかかった費用の請求がくるので、お支払いします。健診の代行サービスを行う方は主に会社や企業が多く、健診の結果は家族が見る事ができるように個人の家庭にも送られますが、企業や会社用にも結果が送られます。すべての流れを代行サービスが行ってくれるので、企業や会社の負担も少なく済むことができます。最近は生活習慣病にかかる人も多く見えます。予防をしていくためには健診を受け、その結果をもとに生活を見直していくことが大切になってくるので、必ず健診を受けるようにしましょう。